トップページへ > 小さい段ボールは、先に中身を出してすぐに潰しましょう。
小さい段ボールは、先に中身を出してすぐに潰しましょう。
"引越し後に、荷物を段ボールから出して少し歩いたりするスペースが確保できると、大体「もう疲れたしひとまずこれくらいで・・」となってしまうことが本当に多いんです。 特に大きい荷物を片付け終わったら、何かほっとしてしまって小さい段ボールは隅に寄せたままになってしまいやすいです。 ではこんな時、どうやって小さい段ボールの中身を片付けていけばいいのかというと「中身だけを先に出してしまう」のがオススメです。 もちろんあまりに一気にやりすぎはいけませんが、とにかく箱から出してしまわないと、段ボールそのものが「収納ケース」みたいになってしまいやすいんですね。なので、そうなる前にその可能性を消していくのが大切というわけです。 そしてさらに、荷物を出したら段ボール箱は即座に潰してしまうのが効果的です。まあ荒療法みたいな感じですが、こうすればその後片付けざるをえないですからね。 私自身、これをしなかったばかりに何ヶ月経っても小物類の片づけが終わらなかったりしましたから、大きな荷物を片付け終わったらすぐに実行に移す事をオススメしますよ。"

参考となる情報ガイド

東京に数多くあるバーチャルオフィスをブログで紹介中です。

Copyright © 2016 島根県の引越し業者 . All rights reserved